交通事故示談交渉、追突事故慰謝料、ムチ打ち後遺症、後遺傷害慰謝料、休業損害

                                                        2012.12.13更新


     質問: 交通事故の慰謝料とは何ですか?



あなたが交通事故の被害者になってしまったら、必ず最初に頭に浮かぶのは「慰謝料休業損害はいくら
もらえるの?」ではありませんか?

交通事故で一番多い追突事故による「ムチ打ち症」の慰謝料についてインターネット検索で調べる方が、
月間10万人近くいらっしゃることをご存知でしょうか。

しかし、調べたいと思った情報を探すことは思ったよりも難しく、専門的な検索キーワードを使っても簡単には
見つからない為、インターネット検索で毎日膨大な時間を費やすことになります。

しかし、どれだけ検索ランクが下位のサイトを見ても満足できる追突事故による「むち打ち症慰謝料
知識にたどり着けない方がほとんどです。

ためしに追突事故は別にして、交通事故での「慰謝料」という言葉の正確な意味を調べてみてください。




次のような回答を探すことができましたか?


      答え:  慰謝料とは



慰謝料とは、死んだ人に対する遺族の悲しみや、痛い思いや辛い目にあったことを慰めるための
お金になります。

本来は「慰藉料」の漢字を使用していましたが、常用漢字の中の教育漢字を使用する際に「慰謝料」を
使用する事になりました。

藉は、「ゆるす」、「いたわる」の意味ですが、謝にも「ゆるす」「あやまる」「わびる」と言う意味があり、
そのための金銭が「慰謝料」です。

慰謝料は、3つの交通事故損害賠償のうちの1つですが、積極損害消極損害とは違い、財産的な
意味合はありません。

ということは、積極損害逸失利益休業損害のような損害は、民法上は財産を侵害されたことへの
損害賠償
と見ることが出来るため、金銭的評価も比較的しやすいのですが、慰謝料は生命や身体を
侵害されたことへの損害賠償ですので、金銭的に評価することは大変難しくなります。

又、民法に慰謝料慰藉料)と言う言葉は存在せず、生命や身体の侵害はそれ自体金銭的評価の
対象となる財産とは言えないため、財産権の侵害には当たらないという解釈になっています。

しかし、民法711条は「生命ヲ害シタル者ハ、財産以外ノ損害ニ対シテモ其ノ賠償ヲ為スコトヲ要ス」との
記述があり、財産以外に何らかの損害があれば、あそれに対する賠償をしなければいけないとしています。

では、何らかの損害をどの様に解釈するかと言う問題ですが、現在の法律上は概ね3種類の考え方に
分かれています。


何らかの損害、いわゆる生命や身体の侵害を

@財産の侵害に近いものに対する賠償

A本来の慰藉料の意味から苦痛や悲しみに対する賠償

B加害者に対する制裁や懲罰的意味での賠償

この3つに分けています。


いずれにしても、生命や身体(痛み・感情・悲しみ・怒り)には金銭に評価するための価格がありま
せんので、交通事故損害賠償の中では一番厄介なものと考えて差し支えないと思います。
( 赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】より引用 )



いかがですか?


このような知識をすぐに探すことができましたか?



これだけの交通事故に特化した慰謝料の意味を調べることは不可能だと断言します。


一般的な慰謝料の意味であれば、ネット検索でなくても辞書を利用すればすぐに調べることは
可能ですが、交通事故の慰謝料は調べようがありません。


かといって書店で事故の慰謝料の本を探すと、どれも内容は一般的に良く知られている示談の
方法やネットで調べればすぐ分るような法律的知識を書いたものがほとんどです。


まして、追突事故による「ムチ打ち症」の慰謝料は特に複雑ですので、むち打ち症に関して役立つ
慰謝料知識計算の裏技等を入手することは非常に困難です。


そこで、交通事故に特化した交通事故マニュアル選びが非常に重要になってきます。







交通事故に遭遇したら

交通事故
解決ノウハウマニュアルが必要です

書店で見れない知識を探すのが今や常識

あなたに必要な
交通事故マニュアルを今すぐダウンロード!


交通事故マニュアル






不幸にも交通事故に遭遇してしまったら、必ず必要になる知識があります。

事故発生から示談解決まで様々な知識が必要ですが、これだけは知っていないと大損をする知識
があります。

事故に遭遇し、慌てて書店で交通事故関連の書籍を探すのですが、見たこともない言葉が並ぶ
様々な書籍に困惑してしまいます。

多くの被害者さんは書店で読むことも理解することも難解な事故知識大百科事典のような書籍を
購入し、結局実際に何をして良いか何も分らずに終ってしまいます

何故何も分らずに終ってしまうのか?

簡単です!

書店の書籍は、全ての交通事故被害者向けに何から何まで書き過ぎるからです。

普通の交通事故では必要ではない法律知識を、くどくどと長く書くことでページ数を増やし販売している
物が書店で売られていますが、インターネットで入手することのできる優良な事故解決ノウハウ
マニュアルは、実際に必要な実戦知識を中心に書かれていますので、購入して即役に立つ知識です。


 任意保険会社に示談の主導権を握らせない被害者請求の知識

 自賠責調査事務所に非該当にさせない後遺障害認定の実践知識

■ 地方裁判所支払基準で算定し無料で示談解決する信じられない方法

 などなど

想像を絶する裏知識をネットから入手できます。

そこで、このページではあなたにぴったりの優良交通事故マニュアルをご紹介しますので、
参考にして下さい。


交通事故慰謝料 無料マニュアル


赤鬼の「ザ・慰謝料」【標準版】

これは、無料としては非常に濃い内容の全PDF42ページの慰謝料解説マニュアルです。

基本的な交通事故慰謝料について、自賠責保険支払基準を中心に解説されていいますが、とんでもない
裏技を公開していますので軽症交通事故であれば、これ一冊で示談に必要な慰謝料知識が習得
でき、しかも無料なので見逃せません!

無料ですが、とんでもない裏技まで公開していて、情報をそこまで出してしまって大丈夫かと心配です。

内容は、以下のようになっています。

【第一章】 交通事故慰謝料概要

交通事故損害賠償概要・・・・・・・・・・・・9
交通事故損害賠償の種類・・・・・・・・・・・16
積極損害・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
消極損害・・・・・・・・・・・・・・・・・・17
逸失利益・・・・・・・・・・・・・・・・・・18
慰謝料・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19

【第二章】交通事故損害賠償支払基準

自賠責保険支払基準・・・・・・・・・・・・・20
平成14年まで存在した任意保険支払基準・・・・22
地方裁判所支払基準・・・・・・・・・・・・・23
赤い本・青い本・・・・・・・・・・・・・・・23
大きい自賠責と地裁の支払基準の差・・・・・・24

【第三章】交通事故慰謝料計算実務

自賠責支払基準・死亡慰謝料・・・・・・・・・25
自賠責支払基準・後遺障害慰謝料・・・・・・・26
自賠責支払基準・入通院慰謝料・・・・・・・・35
知らないと大損する慰謝料計算の特例・・・・・37
都市伝説「毎日通院すれば通院慰謝料が最高額になる?!」39


【第四章】 まとめ


無料直ダウンロードお申し込み

お名前:
メールアドレス:

尚、無料マニュアルをダウンロードされますと、まぐまぐ・知って得する「交通事故損害賠償請求」
及び「JBユーザー通信」に代理登録されますが、それ以外のメルマガには一切登録されません。
又、メルマガには瞬間解除機能がついていますので安心してご利用いただけます。
10分以上過ぎて返信がない場合は、お手数ですがアドレスをご確認いただくか、別のメールアドレス
にて再度ご送信下さい。(最近フリーアドレスでメールが届き難い事例が発生しています。)







追突事故関連無料マニュアル


知らないと大変!

赤鬼の「ムチ打ち症の落とし穴」


これは、追突事故等で「頚椎捻挫」いわゆる「ムチ打ち症」になった場合に、知らないととんでもない
ことになる知識が書かれています。

ムチ打ち症をPDF版30ページに豊富な画像や図を使用して解説されているので素人にも分りやすく、
自分にあてはまる部分を知り、通院中早い段階から対処していくことで、最終的な慰謝料を増額する
ことができることを知りました。

まさに、目からウロコの知識が無料で公開されています。

99%のムチ打ち症被害者が犯してしまうミスを回避することで、失敗しない示談解決ができます。

この知識を知っている被害者と知らない被害者とでは、損害賠償額が天と地の差になることを、このマニュアル
を読むまで知りませんでした。

現在、交通事故によるムチ打ち症で通院中の被害者さんには必見の無料マニュアルです。


お名前:
メールアドレス:

尚、無料マニュアルをダウンロードされますと、まぐまぐ・知って得する「交通事故損害賠償請求」
及び「JBユーザー通信」に代理登録されますが、それ以外のメルマガには一切登録されません。
又、メルマガには瞬間解除機能がついていますので安心してご利用いただけます。
10分以上過ぎて返信がない場合は、お手数ですがアドレスをご確認いただくか、別のメールアドレス
にて再度ご送信下さい。(最近フリーアドレスでメールが届き難い事例が発生しています。)









交通事故慰謝料関連有料マニュアル



赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】


このマニュアルは、赤鬼の「ザ・慰謝料」【標準版】の内容に「地方裁判所支払基準」を追加し、
完全リニューアルしたPDF・冊子共に83ページの慰謝料完全知識マニュアルです。

軽症事案から後遺障害事案(一部死亡も含む)まで、完璧に慰謝料が理解できるようになっています。

一般の被害者さんにはわかり難い慰謝料計算も、オリジナルの公式を用いることで理解しやすくなっています。


                   有料PDF版  冊子版 はこちらから
                        ↓        ↓

                    赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】
                     http://intelli.sakura.ne.jp/akaoni.htmll




交通事故後遺障害・示談関連有料マニュアル


「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」


このマニュアルを購入された方からのお礼のメールです

Re: Re: Re: ●●です
差出人(From) : xxxxxx-xxxx@nifty.com
送信先(To) : question@intelli.sakura.ne.jp
送信日時 : 2012/06/15 00:51:31

 赤鬼&赤川 様

究極マニュアルを購入後、後遺障害を被害者請求で行ないました。

そして、今回は14級の認定となりました

この件の報告とお礼を申し上げます。

マニュアルは後遺障害申請の数ヶ月前に購入しました。


私も追突事故受傷後3ケ月、半年後でも依然、頚部痛や痺れがあり、さらにジフロスティー症状も出現し治療に
専念している頃でした。


半年後に主治医から大学病院への精査を勧められ、神経症状の治療を行ない、単なるムチウチではないと
感じている頃です。


損保ジャパンは頚椎捻挫ムチウチは3ケ月で完治と、執拗なかつ一方的な威圧で私を苛立たせます。

神経症状で悩んでいた時期に究極マニュアルを購入しました。

頚椎捻挫に詳しい事故受傷の本やネットもありますが、著者自身の事故受傷経験を反映した内容の
詳しさに、拝読するに自分の体験を重ね合わせ、感動!しました。


症名は違えども、症状はほぼ同じであったり、保険会社との折衝、治療経過、など新しい発見や納得、
感動(まさにコレだという感じです)です。


マニュアルを読む事で後遺傷害申請の重要性が判り、その対策を練る事が出来ました。


又、メールサポートを利用し、不明点や問題点、進行情況などを相談して頂きました。


マニュアルも良いのですが、このメールサポートは、心強い精神的な支えとなり、後遺症申請作成に、
多いに助けられました。


マニュアル購入時にはこのメールサポートの良さはまだ感じませんでしたが、後遺傷害申請をしてい
くに従い、赤鬼サンヘの感謝を多いに感じてくるようになりました。


マニュアル購入だけで、ここまで面倒をみて戴ける事は大変、有り難いです。


さらに、これだけお付き合いして戴いた事の本質に、赤鬼サンの事故受傷の苦労度が感じられます。


それだけ、本気だった、みたいな感じです。


この本気という感覚は事故受傷で苦しんでいる者にしか、判らないでしょう。


一般的ではすまない、いわゆる頚椎捻挫の神経症状に苦しんでも、保険会社も誰も、教えてはくれない
部分が判り、赤鬼サンのマニュアルに助けられた事を感謝致します。


等級認定はまだ一つのハードルでありますが、そのハードルをまず超えられた事は赤鬼サンのマニュアル
のおかげでもあります。


どうも有難う御座いました。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


 
購入者様 S.T さま

購入させて頂いてから、毎日の通勤電車の中で何度も繰り
返し読み返しています。


私の場合は、購入させて頂いた時期が本年10月と遅かったのですが(交通事故は昨年12月)、
示談はまだですが、保険屋との交渉の中で、心の支え、知識の拠り所として活用させていただいております。


本に書いてある様な、事故の状況も知らない担当者の『うちの治療期間は3ヶ月ですから』と言うような脅し?
や不払いの思惑の見え隠れするトーク等、今思い返せば〈ハハーン、成る程ね〉と思えることが一杯ありました。


やはり、何も知らない、事故に対する免疫の無い一般の被害者は相手を信じ、対処を任してしまいかねませんね。


相手に自信を持った言い方をされると、そんなものなのかなと諦めてしまうことが多いと思います。


しかし、遅まきながらでも2章・3章を参考にさせて頂いた結果、MRIでの所見をとることが出来、保険屋には、
一矢を報いれたと思っています。


-----------------------------------------------------


  購入者様  Y.K さま



私はまだ(現在)後遺症認定の異議申し立ての準備中なのですが、どのようにしたら良いのか分からず
交通事故の本などで調べても微妙な表現が多く 分かりづらかったのですが、このマニュアルでは必要な
物や書き方など自分の知りたかった事が詳しく説明してあり更にメールで個人に合わせた適切なアドバイス
を頂きどの様にすれば良いのかなど大変参考になりました。


もっと早い時期にこのマニュアルを手にしていればと悔やんでいます。


まだこれからが大変な示談交渉になるのですがマニュアルを参考に色々と勉強をして(知識を身に付け)交渉
にあたりたいと思います。



-----------------------------------------------------


これ以外にも購入者無料サポート相談メールでは、同じような内容のものが多数あります。



ほとんどの方は、書店の書籍等で知識を得てご自分の手で解決を目指していましたが、やはり限界を

感じて究極のマニュアルや「ザ・慰謝料」を購入されています。



書店の書籍では法律知識や損害賠償の一般的な知識しか書かれておらず、しかもあまり必要では

ないと思われる知識までページ数の関係で書いてあります。



交通事故の経験のない被害者に理解することは困難ですので、結局は交通事故の相談に行く事になり

ますが、そこでも知識不足から何を聞けばよいのかすれわからない状態です。



そのような被害者にとって、保険会社の払い渋りを回避し正当な(高額の)損害賠償金を受取るための

実践的知識と行動について詳しく例を挙げて解説しているマニュアルが「究極の交通事故損害賠償請求

完全マニュアル」であり、慰謝料だけに特化したものが赤鬼の「ザ・慰謝料」【完全版】になります。




■ 保険会社より払い渋りを受ける確立が一番高い追突事故等による頚椎捻挫(ムチ打ち症)を中心に解説



■ 交通事故発生時より示談解決まで一貫して解説



■ 治療中早い段階から後遺障害認定を視野に入れた治療 をマニュアルの注意点にしたがって

受診することで、認定され難い後遺症等級認定させることが可能に



■ 後遺障害を申請するような通院期間の長い被害者の損害賠償を任意保険会社は独自の低い

算定基準で計算しますが、マニュアルでは任意保険の3倍近い地方裁判所支払基準で、しかも訴訟

をせずに無料で解決するノウハウを完璧に解説しています




知識が無いために保険会社に払い渋られている被害者を救済するためでしたので、できるだけ多くの
被害者に利用してもらい正当に損害賠償金をもらって欲しいと考えております。



具体的には、ムチ打ち症の場合ほとんどの保険会社が事故受傷時から3ヵ月をめどに治療に打ち切りを

迫ってきますので、その時点で治癒していない被害者が治療を継続するために必要な知識をまず冒頭で

解説します。



治療が継続できる体勢が整った後に、後遺障害認定の知識を実物書類を見ながら習得してもらうことで、

後遺障害の認定確率を上げていきます。



最悪認定されない場合には、異議申立をしてあくまで認定を目指しますが、それらの一連の作業は

被害者自身でできるように詳しく丁寧に解説しています。



後遺障害が認定された時点で、損害額を地方裁判所支払基準で算定し、無料の自動車事故紛争処理センター

及び日弁連交通事故相談センター(完全無料)を利用して、保険会社提示額の2〜3倍の額で必ず示談できる

方法を解説しています。



後遺障害の最低等級である14級において、後遺障害部分だけを見ても任意保険会社提示額より確実に

78万円アップします。



一般に売られている書籍との最大の差別化は、マニュアルに書かれている知識を躊躇すること無く、

誰にでも確実に実行できるよう、丁寧な実践経験による解説により公的機関の敷居を低くし、

被害者はあたかも自分が経験したような気軽さで実行に移せる点です。



又、実践段階で注意しなくてはいけない医師との接し方を実例を挙げて解説し、医師の交通事故関連の

揉め事への関与を避けようとする防衛本能を取り去ることの重要性を理解できます。



医師が患者への興味を失った場合の後遺障害認定は絶望的ですが、この部分で多くの被害者が

失敗する事実はまだ良く知られていません。



後遺障害診断書を作成後、「被害者請求」と呼ばれほとんどの被害者がする事の無い後遺障害認定に

有利な請求法を被害者自身が行政書士や弁護士に依頼することなく実行することが出来ます。



さらに紛争処理センターの予約から損害賠償額を最大にする提出書類の作成法を分りやすく解説しています。



「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」が一冊あれば、ムチ打ち症被害者が事故発生から示談まで、

保険会社に騙されること無く最大の損害賠償を受取るための知識が全て書かれ
ていますので、ムチ打ち症

被害者には非常に有益で喜ばれています。



作者が自分で実践して検証済みの知識ですので、誇張やあいまいな表現を使用しておらず、発売以来クレームや

返金請求もありません。

                    有料 PDF版 冊子版こちらをご覧下さい


「究極の交通事故損害賠償請求完全マニュアル」
http://www.jiko-zero.info/jiko-zero.html


 


ただいま「マイナスからの出発」という大変貴重なレポートを

ご購入者様限定で無償提供しておりますので、是非ご利用下さい

詳しい内容はこちらのサイトから⇒http://www.send-for.info/minus/index.html




Copyright 2010 赤鬼の交通事故マニュアル All rights reserved.

※私どもに情報をお送りいただける場合は弊社のプライバシーポリシーに
ご同意いただけたものとみなさせていただきます。


プライバシーポリシーならびに特定商取引法に基づく表記